0615 | 



20140616-152946.jpg

朝9時に塩竈のお寺を出発。とりあえず石巻方面へ。ここから石巻までは35キロくらい。
松島あたりでパトカーが僕の前に停まって、警官が二人おりて近づいてきた。「お。久々にきたな」 と思った。
事情を説明したら 「今までこれで歩いてて、通報されたこととかないの?いまはすぐに通報されちゃうから。」 と言われた。そうかな。応援してくれたり面白がる人の方が多いけどな。リュックの中身も確認され た。ここまでされたのは永田町以来だ。当たり前だけどおまわりさんの対応にも個人差がある。いつだっか忘れたけど、バ イパスを歩いてたらパトカーからおまわりさんが降りてきて、超笑いながら「なにやってんだー。気 をつけてなー!」と声をかけてくれた人もいた。かと思えば身分証確認と荷物検査をする人もいる。 その個人差のある行動が、制服を来ているだけで公共の振る舞いであるかのようになるのだから面白 い。
松島は観光客ですごく混み合っていた。やっぱり観光地だな。こういうところは苦手なのでそそくさ と通り過ぎた。しばらく歩いて下を見ると芋虫がたくさんいることに気がつく。芋虫とか毛虫の多い 時期になってきた。踏まれて死んでいるやつもたくさんいる。僕は踏まないように歩く。彼らのクネ クネした歩き方があまりにも一生懸命なので絶対に踏みたくない。とても速いスピードで体をくねく ねするんだけど、その「1くねくね」ですすむ距離は5mmくらい。僕は一歩で彼らの「150くね くね」ぶんくらい進む。この圧倒的なスピードの差。でも彼らはそんなこと関係ないかのようにすご く一生懸命動いている。見ていてなんか元気をもらえる。そういえば昨日から右足にマメができてい てとっても歩きづらいんだけど、ともするとマメができているせいで歩きづらいということに腹が立 ってきて、ますます歩いてやろうかという気持ちになる。からだは安静にしすぎてはいけない。いつ もちょっとずつ負荷をかけていた方が丈夫になれる。からだをあんまり気遣いすぎたら不健康になる と思っている。
夕方ごろに東松島についた。もうけっこう体が疲弊している。25キロくらい歩いた。ダメもとでツ イッターから
「東松島か石巻あたりで家を置かせてもらえそうな場所を探しています」 って発信してみたら、しばらくして
「会社の駐車場でよかったらどうぞ」
というリプがきた。この時の喜びは何にも代え難い。行ってみたらそこは「プレセティア内康」とい う式場•宴会場のお店で、大きな駐車場があった。社長さんが暖かく迎えてくれてその日は駐車場で 寝る事に。
東松島は2年前に一回来た事があって、そのとき海沿いはまだ津波の海水が引いていなくて、かなり ひどい状態だった記憶があるのだけどいまはもうほとんど奇麗になってるという。このお店は海から 2、3キロくらい離れているけど腰から上くらいの高さまで波が来たらしい。

0615 | 2014 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です