07010911 | 

土地独特の古い家を描いてるとか、どこにも務めないで放浪するためにやってるとか、そんなこと一言も言ってない。人間は本当に自分の想像力の範囲でしかものごとを理解できないし、自分が聞きたいと思えることしか聞かないな。その他は聞いてるふりしてるだけだな。こんなことで怒ってる場合じゃない。大竹伸朗さんが宇和島に暮らしはじめた覚悟を考えるとまだまだ。いとうせいこうさんも同じようなことで嘆いていた記憶がある。プライドを捨てるのだ。なにを言われてもいいって最初に決めたはずだ。最初からわかっていたはずだ。こんな一人一人が言う内容は問題ではない。問題はもっと大きなところにある。そいつしか相手にしちゃいけないんだ。ニーチェも言ってた。自分の剣は大きな敵のためにとっておけって。小さな敵に使って錆びさせるなって。一人になるであろうことはわかっていた。移動を常態化するということは。少なからず放浪だとか、旅だとか、自分探しだとか、そういう未成熟な状態と結びつけられることははじめから予想がついたはずだ。めんどくさい。あーめんどくさい。

07010911 | 2014 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です