12241630 | 

薄い雲がかかっていて、昨日より少し寒い。昨日the bridgeから向かいのフンドーキンマンションに家を動かした。20メートルくらい。ブリッジは夜0時閉店で、遅くまでわいわいやってるし人通りもあるから
「自分の家に出入りするのがやりづらいなあ」
って思ってたんだけど
「そうだ動かせばいいんじゃないか。僕の家は動かせるんだし」
っていう事に昨日気がついて動かした。

最近になってますます、なにがなんだか全然わからない。この世界の何が問題なのか勉強すればするほど、なにがなんだか、なにが本当なのかなにが良いのかさっぱりわからなくて発狂しそうになって勉強をやめて、制作とお酒と睡眠と音楽で中和する。”音楽”しか信用できないっていう状態になるのも時間の問題な気がする。自分の目でみたことしか信用できないし、もう本当にわけがわからないので、やっぱり歩くしかない。地球が丸いってのも疑わしい。
そもそもいま自分が正気なのかも怪しい。考えぬいて「わかった」と腑に落ちたその瞬間、たぶん僕は発狂している。なにがなんだかさっぱりわからんていう状態がぎりぎりセーフな気がする。発狂直前の正気が、最も冴えている状態な気がするって前も書いた気がする。ニーチェは発狂して精神病院で死んだらしい。
1つだけ言えるのは、何か自分と異なった見解の相手に出会ったとき、それを「キチガイ」とか言って「キチガイの言う事だから聞くだけむだ」とか言って耳を塞ぐというのだけはやってはいけない気がする。右も左も関係なく、有名無名も関係なく、あらゆる人を自分の心の中に飼って、分裂症のような状態になって、それで「こうとしか思えない」っていう道が、ゆっくりとかろうじて開かれていく気がする。

12241630 | 2014 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です