0129 | 

朝、家の中で絵を描いたりしてたら、僕の家のすぐそばまで車がきて、ドアが開く音がして、人が近づいてくる足音がして
「すいません~」
という女の人の声がした。「またなんかイベント発生だな」と思ってドアを開けたら、蜜柑がたくさん入ったビニール袋を持った女の人が立ってて
「この近くにあるフラワーキッズっていう施設の者なんですけど、ツイッターで見て来ました」
と言う。
「もしこのあとお時間あったら、フラワーキッズまで来ていただけませんか」
と言うので
「行きます」
と答えた。後で聞いた話、彼女はこうやって訪ねる前にお寺に
「白い家はまだありますか?」
って電話したらしい。そんでお寺の人が
「ホワイトハウスならまだあります」
と答えたらしい。面白い。

なんかイベントの予感がした。わくわくしながらフラワーキッズに向かった。

ここはNPOが運営している児童施設で、発達の遅い子供とかを預かる保育施設でもあり、学童も兼 ねてるみたい。僕が行ったときはちょうどお昼ご飯の前の時間で、何人かのこどもはかなり興奮して 喜んでくれた。いきなり超ハイテンションになって飛び回る子とか、不思議な質問をしてくる子とか色々いて、家を持っている僕っていう存在もその中の一人みたいに思えたというか、楽な気持ちで接 する事ができた気がする。職員さん達も、いろいろな子供を見るのに慣れているのでかなりタフ。なにをやっても受け入れられるような器の大きさが皆さんにあるような気がする。

午前中は子供たちと遊んで、午後は絵を描きに出かけた。昼過ぎから雨が降ってきた。今日はこのま まここの敷地を借りることになりそうな雰囲気になった。



20150130-104045.jpg
昼は園長さんがお弁当を用意してくれて、職員や子供たちと一緒に食べた。ひろくんと、かなくんという二人の男の子が
「一緒にたべよう」と誘ってくれた。


夜にここの理事長さんと会った。かなり経験値の高そうな男性。
「これからお風呂に行きます」
と言って出かけようとしたら、車で送迎までしてくれた。



20150130-103947.jpg

行った「塩湯」っていう温泉がまたサイコーで、日帰り温泉と料理屋が一緒になってるんだけど、海鮮料理が安くて美味しい。僕は定食を頼んだんだけどこれで千円だった。

夜寝る前に、同じNPOが運営しててこの近くにある「パレット」という福祉施設の人が僕を訪ねて きた。
「日記を読んだんですけど、お寺が良く出てきて仏教の事が書いてあるので訪ねてみようと思いました」
と言って、僕にメモをくれた。なにやら今度の土曜日に「初期仏教」の勉強会が大分市のお寺で開催 されて、しかもその寺の住職さんがムサビの彫刻学科卒業らしい。僕の先輩にあたる。これは行くし かない。

という感じで土曜まで津久見に滞在することになった。



20150130-103822.jpg



20150130-103912.jpg

0129 | 2015 | 未分類 | Comments (2)

2 Responses to “0129”

  1. フジタ より:

    ハウスマン 村上さん、夜はハウスの中では普通の寝袋では寒くないですか?登山用のようなマットなどを使用されてるのですか?
    そのまま南下されると、津久見市~佐伯市~鶴見町~蒲江町ですけど、
    津久見だと海岸沿いに「つくみイルカセンター」
    佐伯市は「大入島」
    鶴見町は海がきれいで南国の海の色をしています、漁村の雰囲気ものどかでくつろげると思います。
    鶴御崎(つるみさき)灯台は見晴し最高ですけど、かなりきついと思います。鶴見町は車だとおすすめですけど、歩きだときついので、佐伯市から蒲江町のルートがいいかもしれませんね。蒲江町のおすすめは「大分県 マリンカルチャーセンター」でマンボ―がみれますけど(今の時期いるかはわかりません)この付近の砂浜は白くてとてもきれいです。蒲江町付近からは海に暖流が流れるので海底にサンゴが生息しています。道の駅もあったと思います。鶴見町~蒲江町は海産物・魚がとても新鮮でおいしいです。大分を楽しんでくださいね。

    • satoshimurakami より:

      ありがとうございます。夜は銀マットを敷いて床にしてます。

      大分の方ですか?
      津久見から一気に日向市まで移動したので佐伯〜鶴見は車で通っただけですが、海も山と川とがすごく綺麗でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です