12142308 | 

ガストにて。水が半分くらい入ってるグラスを左手でつかんで持ち上げ「これから水飲むよ」と心の中で呟きながらグラスを口元に持っていき、水を一口だけ飲んでまたおなじ位置に戻した。この動作を二回繰り返したら、なんだかじわじわと感動が押し寄せてきた。
体のなかの色々な神経が伝達しあって筋肉が動いて一つの動作を成し遂げているのが実感できた。僕は”あいだ”をすっとばして考える癖がある。何人かで一つの作業を行うときなんかに、例えばテーブルを動かすときなんかに「一旦持ち上げて、それから時計回りに回転させて運びましょう」みたいなことをみんなが口に出して議論しあってるのを見てると「そんなことわざわざ事前に口に出して言わなくても、とりあえずテーブルをみんなで持ち上げたらどうすればいいかわかるのに」と思ったりする。人が何人も集まった状態で一つのことを成し遂げるのに一番良いのは、それぞれが筋肉と神経みたいに伝達しあって動くのが良いけどそのために言葉を介してコミュニケーションしなくてはいけない現状だ。

12142308 | 2016 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です