告知 | 

表_fin0806 裏面0807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯風を待たずに-村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践-

会場:熊本市現代美術館 ギャラリーⅢ
開催期間:2017年8月30日~2017年11月12日(火曜休館。ただし日祝日は開館し、翌日休館)
時間:午前10時から午後8時 (展覧会入場は午後7時30分まで)
※余震の状況によりましては変更する場合があります
URL:http://www.camk.or.jp/event/schedule/index.html#g3_vol118
本展では、自作した家を背負って歩いている村上慧の《移住を生活する》や、廃棄された遊具を再利用した牛嶋均の作品、それに当館所蔵の坂口恭平によるモバイルハウス《坂口自邸》など、私たちが生きる状況について思考し続けている3人の作家の実践を紹介します。

<ナイトトーク>村上慧と牛嶋均
日時:9月1日(金)18:00-19:30
会場:熊本市現代美術館 ホームギャラリー

 

◯TERATOTERA祭り2017



 

 

TERATOTERA祭りに参加します。僕は三鷹駅南口出てすぐのデッキ上で展示しています。

開催概要 

日程:2017(平成29)年11月10日(金)11日(土)、12日(日)11:00〜19:00
会場:JR三鷹駅北口周辺施設、空店舗など(会場は全て三鷹駅から1分~5分の範囲です)
参加費:無料
アート展示:有賀慎吾、うらあやか、江上賢一郎、off-Nibroll、中崎透、二藤建人、村上慧、
山城知佳子、山本篤、和田昌宏
ライブパフォーマンス:切腹ピストルズ主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
一般社団法人Ongoing
協力:HYM(ハモニカ横丁ミタカ)、UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)、
株式会社 まちづくり三鷹、ほか

トークイベント「政治と芸術」
Neo-poriticalについて考える、締めくくりのトークショー
今回の展覧会の参加アーティストが登壇し、「政治と芸術」をテーマに今の政治状況における自身の生活や活動について語り合います。

開催日時 11月12日(日) 19:30-21:00
会場:三鷹中央ビル2階(三鷹市下連雀3-28-20)
参加費:無料

 

◯未来美展



 

 

 
チラシ表
チラシ裏
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯個展「労働をつかむ」

会場:馬喰町 ART+EAT(〒101-0031 千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル202)
開催期間:2017年9月5日~2017年10月7日
時間:火水木12:00~19:00 金土12:00~21:00 日月祝休み
URL:http://www.art-eat.com
<トークイべント>
「労働と体・広告・オリンピック」
9 月 5 日(火)19:30~20:30(開場 18:30)
出演:今福龍太(文化人類学者・批評家)×村上慧
参加費:¥1,500(1オーダーお願いいたします)
定員:50名
※要予約(TEL:03-6413-8049  Mail:info@art-eat.com)
個展オープニングの9月5日には、文化人類学者で批評家の今福龍太さんをお迎えして、「労働と体・広告・オリンピック」というトークイベントを行います。

僕は以前インターネット上の番組で、今福さんの「メディア・スポーツ複合体」としてのオリンピックという話を聞いて衝撃を受けました。テレビ放映に適したものにするためにバレーボールのルールが変わったり、データを得るためにサッカー選手がGPSをつけてプレーしているという話などは、スポーツ選手の身体にメディアや広告が注入されていく恐ろしいイメージを想起させられました。以前から僕はこの「広告」というシステムに代表されるこの資本主義の社会と体の関係についてずっと考えていました。それは、なぜ僕の「移住を生活する」プロジェクトで家をせおって歩いている姿が滑稽に見えるのか、という話にもどこかつながっているようにも思えました。

今福さんの「スポーツの汀」という本のなかで、巨大な未知の海と、僕たちが住む陸地との間にある汀で体を使って行われるのが「サーフィン」であり、それを、巨大な情報の海と、既知の世界との汀で行われる「ネットサーフィン」という言葉で表したのは見事だと書かれていました。そこで思うに「労働」とは、巨大な海としての「資本主義社会」と、陸地としての僕たち一人一人の「生活」との汀で行われるサーフィンのようなものだと考えました。資本主義社会は巨大で底の知れない海だけど、それに対する僕たちは、どうがんばっても一人分の大きさの体しかもっていない。
こういったような話をとっかかりに、僕が最近考えているプロジェクトのアイデアや作品や、今福さんからのお話を通して刺激的な話ができればと思っています。よろしくお願いいたします。

☆オープニングアクト
村上慧による「BAR 現場」 20:30~22:00 トークイベント終了後、作家が腕によりをかけておいしいお酒を作ります。 ぜひ、会場にてご歓談下さいませ。
よろしくお願いします。

 
○Solo exhibition “Labor”
Period: September 5, 2017 – October 7, 2017
Opening hour: Tue, Wed 12:00 ~ 19:00 Fri,Sat 12: 00 ~ 21: 00
Closed Mondays and holidays
Venue: Bakurocho ART + EAT (Agata Takezawa Building 1-2-11 Higashikanda Chiyoda-ku, 101-0031)
URL: http: //www.art-eat.com
 
<Event>
Talk event “Labor, Body, Advertisement, Olympics”
(only in Japanese)
September 5 (Tue) 19: 30 ~ 20: 30 (open 18: 30)
Guest:Ryuta Imafuku (Cultural Anthropologist / Critic) × Satoshi Murakami
Entrance fee: ¥ 1,500 (1 order please)
※Reservations required (TEL: 03-6413-8049 Mail: info@art-eat.com)
☆ Opening Event
“Construction site Bar” by Murakami Satoshi 20:30 ~ 22:00(After the talk event)
 
○Group show “Without waiting for wind -Satoshi Murakami, Hitoshi Ushijima, Kyohei Sakaguchi’s practice-“
 
Venue: Kumamoto City Contemporary Art Gallery Gallery Ⅲ
Period: August 30, 2017 to November 12, 2017 (Closed on Tuesdays, except holidays→closed on next day)
Time: 10 am to 8 pm (entrance until 7:30 pm)
※ It may be changed depending on the situation of Earthquakes
URL:http:/www.camk.or.jp/event/schedule/index.html#g3_vol118
We will introduce the practice of three artists Who continue to think about the situation we live.
<Night Talk> Satoshi Murakami and Hitoshi Ushima
Date and time: Friday, September 1 18:00-19:30
Venue: Kumamoto City Contemporary Art Museum Home Gallery

告知 | 2017 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です