0712 | 



20140713-104229.jpg

11時ごろ種差海岸のキャンプ場を出発。本当に良いところだった。また来たいな。近くに使える電源が無いのがちょっと痛いけど。キャンプ場のおばちゃんに頼めば充電くらいはさせてもらえたかも
しれない。失敗した。

昨日乗せてもらったユニックの運転席の下にお風呂セットが置いてあったので聞いてみたら 「八戸の人はだいたいみんな風呂セットを持ち歩いてる。八戸は銭湯が多いから」 と言ってた。「熊の沢温泉」という良い風呂があると教えてくれたので、とりあえずそこに向かってみ る。ちょうど十和田市にいく道中にその温泉がある。ちょっと歩いてわかったけど八戸は温泉地帯ら しく、あちこちに「ゆ」と書かれた大きな建物がある。

iPhoneの充電ケーブルが断線したらしく充電しにくくなってしまってるので、それを買うべくヤマダ デンキに寄る。そばにイトーヨーカドーがあったのでそこの駐輪場に家を置いて昼ご飯(鶏飯弁当。 おいしかった)を買って食べてたら警備員さんが近づいてきた。彼は家を指して
「これはお客様の持ち物ですか?」
「そうです」
「大変申し訳ありませんが、当敷地内にこういった建造物を置くのは一切禁止となっております。い ろいろご苦労あるかと思いますがひとつよろしく御願いいたします」
と言われた。「よっしゃ建造物に認定された!よかったなあ、お前」と思った。 コンビニでトイレ借りたりとかご飯食べるときに家の置き場に困るのは、やっぱりこれが建造物だか らなんだろうな。自転車でもバイクでも車でもなくて建造物だから、まちなかに置き場が用意されて ないジャンルのものだから困るんだろうな。

夕方熊の沢温泉に到着。源泉掛け流しのすっごく良い湯だった。ほんのり木の香りがしそうな茶色く 濁ってて、すこしぬるっとした泉質。温度もちょうど良くて露天風呂とサウナもある。自分の体とと ても相性が良い気がした。今度誰か連れて行きたいところ。入浴料は420円。「料金がすこし高い」 なんてレビューがあったけどとんでもない、超満足のお風呂でした。 で、そのままお店の人に敷地の交渉をしてみる。もう夕方6時過ぎてたから、これで断られたらアウ ト。責任者がいま居ないと言われてひやっとしたけれど、受付の人がわざわざ電話してくれて許可を 取り付けてくれた。今夜は温泉の駐車場がうちの敷地だ。

河原温が亡くなったらしい。大学時代に図書館で画集を1日中みていた記憶がある。「私はまだ生き ている」のメールの作品と、100万年を本にした作品がとても好きだった。でも彼は生きてようが 死んでようがもうあんまり関係ないところまで行ってしまってるんだなって、亡くなってから気がつい た。ただオンがオフになっただけで、これからもずっと「オフ」として存在しつづけるような、遠い場 所まで既に飛んでいってしまった人なんだな。かっこいいな。

青森は空が本当に広い。しかも今日は満月らしく、ばかでかい月が浮かんでいる。日が落ちたばかり の青森の大きな空を眺めて、スーパーカーを聞きながら発泡酒が飲めるなんて贅沢だなー。

0712 | 2014 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です