0207 | 

フラワーキッズの理事長さんが、軽トラックですこし家を運んでくれるというのでお昼頃に1週間ぶりにフラワーキッズに家を運んだ。

そこから2時間くらい運転してくれて、宮崎県の日向市というところについた。

車の中で理事長の話を聞いてた。昔、仕事のストレスで脱毛症になって、みんながいろいろ声をかけてくれたんだけど、その中で一番救われた言葉が、軽度の知的障害の人から発せられた
「あれ、髪型変わったな。前のほうがいいなあ」
というものだった、という話を聞いてなんか涙が出そうになった。そうだよなあ。それが一番当たり前の反応だよな。僕たちは変に知識を詰め込んでいるせいで、ねじ曲がった反応しかできなくなってしまっているっていうことは多いにあり得る。「ストレスではげちゃった」っていうことを予備知識として知っちゃっているせいで「髪型変わったなあ」っていう”ごく普通の反応”ができなくなっちゃうのだ。気をつけよう。
自分が関わる当事者になったことで、障がい者に対して厳しくなった、という話も面白い。
「あんたが頑張っている姿をみるから、こっちもあなたを応援するのを頑張れるんだ。がんばりもしないで応援はできない」
ということを言えるようになったという。すごい。僕はそういう言い方はできないだろう。でもそれもすごく当たり前の話だ。何も頑張っていない人を応援する気にはなれない。
「その人が障がい者だからという理由だけで、やさしくしなくちゃいけないし応援しなくちゃいけない」
と考える事は、ある種の差別をするということになるのかもしれない。さっき書いたような「へんな予備知識を知ってしまっているから、普通の反応ができなくなる」ということはまさにこういうことだな。

夕方暗くなる前にトラックから降ろしてもらって、敷地を探した。お寺を2軒あたったけどどちらもダメだった。1軒目は住職さんから
「昔、同じような感じで旅の学生がきてお寺をめちゃくちゃにしていった。それ以来断る事にしてるんだ。申し訳ないけど」
と言われた。その住職さんは本当に申し訳なさそうにして、僕を見送ってくれた。
2軒目は
「うちは法人だから、役員さんの許可とか色々必要になっちゃうんだよ。ごめんなさいねえ」
と言われた。3軒目にあたった五十猛神社というところで
「全然大丈夫ですよーーー」
と言われた。久々の神社泊な気がする。



20150208-081752.jpg
この神社は、交差点の名前になってた。昔から親しまれてるんだろうな。



20150208-081704.jpg



20150208-081736.jpg

0207 | 2015 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です