2015/6/12 | 

今日の敷地は一昨日の日記にも書いた猫の家の軒先を借りた。
猫は3匹住んでる。ご主人が大阪で一匹もらってきて、他の人からもう一匹もらったら、その二匹が子供を産んで3匹になった。



20150613-132538.jpg
こいつは天天。大阪から来た猫。



20150613-132719.jpg
これはポン。一番馴れ馴れしい。



20150613-132840.jpg
これはビュウ。天天とポンの子供。


夜、串焼き屋に連れて行ってもらった。
そこのオーナーの話。
「家庭で子育てしないで地域で子育てしてたよね。よその子でも悪いことすれば怒ったもんね。いま下手に怒ったら訴えられるよ。
そこにガソリンスタンドやってる社長がいて、二人乗りしてた中学生がいたんで
「二人乗りしちゃダメだぞおまえたち」
って言ってそれで帰ったら次の日警察から電話かかってきて
「『胸ぐらつかまれて脅かされた』って言ってる」
って。その中学生が親に訴えちゃったんだな。相手二人でこっち一人でしょ。他に見てる人もいないから。
じゃあどう対応したのかっていうと、警察が
「このままじゃどうにもなんないから、とりあえず認めて下さい」
って言うんだよ。やらないことを認めるわけにいかないよねえ。最後までやってないって突っぱねたんだ。
「認めた方が問題の解決は早いですよ」
って言われたんだけど。そんな馬鹿らしいことないよね」



その後、隠れ家的なバーを紹介してもらったので行ってきた。そこでボンベイサファイアをロックで頼んだら、マスターに
「ジン好きなんですか?」
と聞かれた。
「ボンベイサファイアしか飲んだことないです」
と言ったらマスターのスイッチが入ったみたいで、話がとまらなくなった。
「ジンはカクテルの一材料っていう風にみんな思っちゃってるから、ストレートで飲む人はあんまりいないんだよ。飲んでみればいいのに。例えばジントニックって注文入った時に、うちはトニックウォーターだけで3種類あるし、ジンもたくさんある。そんでトニックウォーターとジンの比率は2対1か3対1かでも違うし。
だからお店行ったら「おすすめのジンをください」って注文してみるといいよ。ジンはそんなに高くないからさ。うちのおすすめはヴィクトリアン・バット・ジンとか。これはボンベイサファイアよりもスパイシー。香りが楽しめる。スコットランドとかの店行くと、飲み終わったグラスを下げないんだよ。香りが残ってるから。テーブルに5つくらい空のグラスが残ってて、飲み終わった後も香りを楽しんでたりする。お酒はもう、飲んで酔っ払うだけの時代じゃなくて、香りをずっと嗅げるんだから、それを楽しむ。」




20150613-132438.jpg



20150613-132502.jpg

2015/6/12 | 2015 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です