08131931 | 

DSC_0342

8131423

08131931

世間はお盆らしい。僕も実家に帰ったりした方がいいんだろうか・・。眠い。毎日眠い。暑さのせいだと思いたいが、何をしても集中力が長続きしない。まいった。更地を借りて面白い日々を送っているようにみえるかもしれないが、生活というものは地味なものだ。

今日も昨日と同じように自分の家で目を覚まし、美術館のトイレに顔を洗いにいった。敷地の向かいの地獄温泉の建物に水道が取り付けられていることに気がついた。今度オーナーにその水道をすこし使わせてもらえないか話してみよう。ブルーベリーにやるための水が必要だ。昨日は汽水社まで水をもらいにいった。

その後何故か美術館の図書スペースで「ジョジョリオン」を読んで過ごしてしまった。お昼過ぎから敷地に戻って制作を始めた。ここはすこし日が傾けば大部分が影になり、制作できるくらいの温度にはなる。風も通り抜ける。両サイドのビルが高いおかげだろう。谷間にいるような気持ちになる。

大きなドローイングを描き始めたけど、どうも乗らないので、すこし散歩をして周辺をよくリサーチしあらかじめ下絵を考えてからもう一度大きな画面に臨もうと思い、片付けて敷地を後にし、周辺を3時間くらい歩き回った。主に敷地よりも北側と東側。疲れた。また後日東側と南側をまわる。

吉野家で「黒カレー」を食べて、美術館の図書スペースで本を読んでいたら寝そうになった。気がつけばピアノの演奏が始まる時間になっていた。この美術館の図書スペースにはグランドピアノが置いてあり、毎日(?)ボランティアの人が来て演奏する。ピアノを聴きながら、今福さんのスポーツの汀の「アメリカにおいてベースボールは、単なるスポーツを超えた、アメリカという国家歴史そのものを体現して来た」という部分を読んでいた。まわりにも僕と同じようにほとんど寝ながらピアノを聴いたり本を読んだりしている人たちがいた。たぶん毎日のように通っているであろうおじさんが、美術館の職員にむかって挨拶をしていた。

美術館を出てドトールに入った。これからドローイングの下絵を描くつもりだ。少しでも光がみえたらいいけど。

08131931 | 2017 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です