02132146 | 

COCKROACHを久々に聞いて、高校生のころ、この歌を通していろいろな話をしたような気がしていたけど、コックローチなんて聞いてたのは僕だけだった。でも、たしかに濃密なコミュニケーションをしたような感じが記憶として残っている。音楽を通して、彼らとたくさんのことを話した、というか彼らを通して自分と話をしていたんだと思う。話し相手だったというか。自分の死後のことを歌うとは、なんてことを考えるんだとか、「純真の目」とか「孤独に輝く石」とか「食人欲求者の謝肉祭」とか、こんなことを言ってくれる人は彼らしかいなかった。ほんとうに不思議だ。ぼくは彼らと会ったこともなければ、ライブに行ったこともない。でも本当に彼らと話をたくさんしたような記憶として残っている。

02132146 | 2019 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です