02201342 | 

現代ビジネスの少し前の記事で、福島から東京に母子で避難したお母さんが自殺してしまったという青木美希さんの記事を読み、復興庁は「避難者」の定義をしていないと書いてあってびっくりした。復興庁が各都道府県から避難者の数を聞いてその数を毎月ウェブで公開しているのだけど、参議院の議事録で吉田忠智さんという議員が首相に対して「復興庁が二〇一四年八月二十九日に公表した「全国の避難者等の数」には、「埼玉県については、今月から公的主体が提供している住宅に避難されている避難者以外も調査対象としたため、人数が大幅に増加しています。」との「なお書き」が付記されている。これは埼玉県においてのみ、避難者の定義が他の都道府県と相違していたという意味か?という質問をしていて、最近の統計の適当さはやっぱり以前からあったのかと思ったりしたのだけど、ルポを書いたり、避難者を救済するために動いている人たちのことを知ると、しかし自分はこんなことしてる場合なのか?自分は自分が面白い人になりたいだけなんじゃないか?

02201342 | 2019 | 未分類 | Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です