20140516-075243.jpg

9時半ごろに鈴木さんの家を出発。13キロくらい歩いて石岡駅近くまで来る。
今夜家を置かせてもらうために、お寺を二軒あたってみた(このあたりはお寺が多かった)けど、どちらも住職さんが外出中だった。昼頃はどこも外出中なんだろう。ちょっと休んでから行こうと思って、ドラッグストアに家を置いていたら、子供を連れた女の人に話しかけられる。とっても面白がってくれて、その人がやってるお店の建物が看板建築で文化財登録されているものらしく、見に行ってみる。
石岡は文化財登録された看板建築がたくさんあるまちらしい。その見学のためのマップもあった。知らなかった。
そのお店はマックジェイという店で、久松商店と書かれた建物を借りて一人で運営しているらしい。そこの子が僕の家にえらい興味津々で、質問を浴びせまくってきた。
「何で作ったの?」と聞かれたので、発泡スチロールだと答えると、それをメモ帳にかいて、「あとは?」と聞き返してきた。びっくりした。素材をメモされたのは初めてだ。木とかガムテープとかペンキとか、、と答えていくと、全部メモしていた。

20140516-081539.jpg
スケッチもしていた

家の置き場を相談してみると、近くの青果市場に知り合いが夜勤でいるから今晩なら大丈夫とのこと。

20140516-081858.jpg
ここでメロンをもらうなど。
近くに銭湯がなくて、お風呂は5キロ離れた市民浴場みたいなところまで行った。

引き続き鈴木さんの家に家を置かせてもらうことにして、今日は絵を描いたあと、7日で止まっていた日記をまとめて書いた。
「日記を書いた」ということを日記に書いていいのかわかんないけど、とにかく5日ぶんの日記を、途中まで土浦駅のフードコートみたいなとこで書いて、そのあと漫画喫茶に移動して書いた。

20140515-000535.jpg
土浦のフードコートには、夕方になると地元の高校生たちが勉強しに来ていた。男の子は男だけのグループ。女の子は女だけのグループ。みんなマジメに勉強しているのだけど、ときどきどちらかの一人が異性のグループに話しかける。良い。

よく「若いからできていいわよね」 「私も若ければやってみたかった」 と言われるけれど、そこでどう反応すればいいのかわからない。そうですね とは言うけれど。その台詞を言うことによって何を伝えたいのか。どういう意味で言ってるのか。たとえば僕はゲートボールをやっているおじちゃんたちに「としとってるからゲートボールできていいですね」とは言わないし、小学生とかに「まだ小さいから友だちと鬼ごっことかで遊べていいなあ」とは言わない。「若いからできていいね」の意味するものはなんなんだ。まったくわからない。何も言ってないに等しいと思って受け止めればいいのかな。

 

今日は昼ごろまで家の絵を描いて、今度は土浦に向けて出発。

風が強かった。徳澤さんから、「北関東は強風地帯だからくれぐれも気をつけて」との応援メールをいただく。なるほど。

本当に風が強かった。土浦までの距離は12キロくらいなのだけど、途中ほとんど田んぼや畑ばかりで遮るものが何も無くて、風がもろに直撃する。風速10~11mくらい。やばかった。車道から歩道に向けてのかぜだったから、万が一飛ばされても田んぼにおちるだけだと、そう思えたから進めた。もし逆向きだったら移動を断念してただろうと思う。かぜとたたかいながら、すこしずつ歩いていて、どんどん車に抜かされていってとにかく腹が立った。

あんなにでかいものが、風をもろともしないですごいスピードで走っていった。特にすこし大きなトラックが高速で抜いていくとき、その風圧でもろに衝撃を受けた。そばをぬける直前に、トラックからはじかれるように衝撃をうけ、抜いた直後には、逆に車道に吸いよせられる。やっぱり車は、なにかものすごく無理をして動いているのだと思った。

写真

土浦に着いたのが5時半ごろ。鈴木さんという人の部屋の前に家をおかせてもらう。この人は以前石岡市でアートサイト八郷という展覧会に参加したときにお世話になった人で、10日新聞を見て、連絡をくれた。僕は土浦を通る予定だったので、お邪魔することに。

鈴木さんにさっき描いた玉取の家(成島さんの旦那さんの家)の絵を見せたら

「この屋根の作り方と勾配をみると、多分もともと茅葺の家だったんだ」

と言ってた。なるほど気がつかなかった。風とたたかって疲れていたので9時過ぎには寝る。

 

今日は午前中、高松さんに案内してもらって国土地理院の資料館とJAXAを見学しに行った。国土地理院のほうに大きな日本地図があって、そこでこれから歩く道のりを想像して自信をなくしかける。山だらけ。

昼過ぎに松代を出発。昨日路上で知り合った建築家の女性(成島さん)のところに行く。約8キロ。

写真 1 (2)

とんでもない家だった。旦那さんの実家らしい。古い家ではあるのだけど、窓ガラスの模様とかお風呂の設備は新しいもので、床には床暖房が入っていた。だんなさんも一緒に3人で、車で四季彩という串焼き屋さんにご飯を食べに行く。

話を聞いてみると、いま全部で3つの家があるらしい。うちひとつは人に貸していて、うちひとつに住んでいて、残りのひとつがこの写真のいえ。猫が3匹いる。旦那さんが朝晩来てえさをやっているらしい。成島さんのほうは「家に頓着がない」と言っていた。「だからあなたの考えもわかる」というようなことも言ってた。

この写真の家のまわりにはいくつかの納屋ともう一軒家があるのだけど、どれも使ってないみたい。この立派な家は今後どうなっていくんだろう。 このあたりを散歩して、取手のときにも思ったけど、やっぱり空き家がどうしようもなく多い。

 

写真 2 (2)

取手を朝9時ごろに出発。ここからいっきに24キロ離れたつくば市松代に向かう。笑楽さんと貝塚さんを含む3人が見送ってくれた。

20140513-200015.jpg

今日の朝日新聞茨城版に載ったとの報告をうける。

写真 1
「結論がでるかわからない」なんて言ったかな。。何かの結論を出すつもりなんて無いのだけど。。
でも「スケッチ旅行」という言葉にハッとさせられた。そうかそう言えば通りがいいかもしれないと思った。この生活は、ただの家のスケッチを「絵」に昇華させる作業。

20140513-200652.jpg

いろんな人からお風呂とかどうしてるんですか?
とか
洗濯どうしてるんですか?
とか
ご飯どうしてるんですか?
とかいろいろ聞かれる。そういう生活に関する質問のひとつひとつに、その質問者の普段の生活が反射されているようで面白い。この生活をやっていてつくづく思うのは、家の最大の機能は「寝る場所の確保」だということ。これさえなんとかなれば、ほかの洗濯とかお風呂とかご飯とかは外でもどうとでもなる。

つくばみらい市でコンビニの駐車場に家をおいてうどんを買ってきて食べているときのこと。大学生らしき男性二人組が「旅してるんですか?」と話しかけてきた。事情を説明しているときに、また別の女性が近づいてきて僕の家を指して

「これ、ここに置いていくわけじゃないですよね?」

と話しかけてきた。僕は

「置いていきませんよ」

と答えたけれど、変な質問だなと思った。そしたら女性は何か納得したようで去っていった。そしたら大学生の男の子が

「あの人ばかだな。おいていくわけないだろ。これがゴミじゃないってことくらいわかるでしょ」

とつぶやいていた。それを聞いて嬉しくなった。いいやつだ。

しばらく歩いていたら路上で女性に話しかけられる。つくばにすんでる建築家で、今朝の新聞を読んでいたらしい。すこし話して意気投合し、明日の夜うちに来なよ。と言ってくれた。だんなさんは土木の仕事をやっているらしい。

夕方つくば市の松代に入ったころに、ツイッターで連絡をとってくれた女の子と路上で会って、栄養ドリンクを2本もらった。今朝の新聞を読んでて、その小さな家が家の前を通りかかったから追いかけてきたらしい。なんだかんだ今日歩いていて飲み物の差し入れを4つももらった。すごい。みんな飲み物を渡したがるのが面白い。

写真 2 (1)

今日家を置かせてもらうのは、東京で知り合った福音館書店高松さんの実家。週末なら帰れるからと、高松さんが招いてくれた。嬉しすぎる。たくさんの絵本と、ガラスの置物と絵と植物があるおうち。

 

写真 1 (1)

あとお父さまが飼っている何羽もの鳥。お互いの姿が見えると鳴かなくなってしまうからこんなふうにおいているらしい。

そしてお母さまが

「じつは計画があって。。」

という。なんと近くのホテルのバイキングを予約しているという。

写真 2

これ。僕と高松さんとそのご両親の4人でバイキングだ。面白すぎる。

高松さんと知り合ってからまだ一ヶ月も経ってない。ご両親からしたら僕はどこの馬の骨とも知らない完全に怪しい人間なんじゃないかと思うのだけど、とっても歓迎してくれた。食べながらこれをやることになった経緯について話した。お二方とも頷きながら聞いてくださった。

バイキングはとってもにぎわっていて、家族連れやカップルがたくさん来ていた。すこしおしゃれをしてきている人や、ジャージのままの息子を連れてきている家族や、10人以上の大所帯の家族連れもいた。それぞれの家庭でこのバイキングのことを知ったお母さんあたりが、家族に提案して、ホテルに予約をとって、いまそれを楽しんでいる最中なんだろう。すごく良い。すごく良い光景だった。

ゴミを出しながら近所の人と会話している光景や、おじさんがつりをしている光景や、こうやって家族でバイキングにきている、そういう場所に根ざした生活の営みが、とても輝いて見える、という話をしたら、お母さまが

「それはあなたが苦労してるからよ。苦労してるから、そうやって見えるのよ」

といった。

「そうよ。そうなのよ」

写真 3

夜寝る前にいろんな絵本を見せてもらった。

シュルヴィッツという絵本作家の「よあけ」という本があった。

これがすごかった。

読むのに5分もかからない。1ページに1つずつ、絵と言葉が十数ページあるだけの短い本なのだけど。

絵本の力。知らなかった。

すごい雷雨が通りすぎて行った。今日が移動しない日でよかった。
今日は夕方までなるほ堂のまわりをぶらぶらしたり絵を描いたりしていた。なるほ堂のすぐ近くに東京芸大の取手校舎があった。とんでもないところにあるな。

20140513-193424.jpg
夕方取手の街まで出る。今晩「コンフリ」と呼ばれてる場所で、芸大新入生を取手の人たちが歓迎する新歓があるらしい。行ったらなんと徳澤さんが名刺を作ってくれていた。超助かる。

僕は家も持ってきてないので、そこでは完全に一般人だった。DJが来てたので学生たちと踊った。すごい踊った。翌日首が痛くてまわらなくなるくらい踊った。踊るのは好きだ。お酒を飲んで、からだをリズムに乗せていろいろなこと振り切るのだ。

夜、笑楽さんのパートナー的な存在の貝塚さんに「ボイススキャン」なるものをやってもらう。声を分析して、その色を判定し、その人の性質とか抱えているものを診断する。面白かった。

20140513-194434.jpg
赤と紫が強かった。赤は生命力で、紫は使命感を象徴するような色らしい。
前にオーラソーマというやつを教わってやってもらった時にも、同じようなことを言われた。「自分が表現したいこと」というよりも「使命感」で行動している色が強いらしい。

IMG_1291

 

流山のデニーズでバイトの面接をしているところに出くわす。

気がついたらあの家と一緒に生活しはじめて一ヶ月経ってる。絵もいまのところ毎日描けてる。体調を崩すのと事故だけがこわい。いま幽霊とかは全然怖くない。流山のお寺を10時頃出て、取手に向かう。田谷さんが紹介してくれた徳澤さんという取手の人が、今日の滞在場所の確保と、夕食会を開いてくれるらしい。人がどんどんつながって、昨日のことがちゃんと整理される前に次のことが起こる。僕もいま何が起こってるのかさっぱりわからない。

今日はとても風が強かった。流山から取手まで17キロあったのだけど、途中なんども家が風に煽られた。水戸街道に入ってからは歩道が広くなって歩きやすくなったのだけど、それまではほとんど歩道がないところも多かった。車が歩行者よりもでかい顔をして走っているようで腹が立った。

風に抵抗して真っ直ぐ歩こうとしたら負ける。歩いていて、風見鶏のような気持ちになって歩かないと危ない。風がどこから吹いてきてるのかを感じてそれに対して正面を向くような形にすれば耐えられる。風とのつきあい方と、風速9m以上のときは危ないことがなんとなくわかった。

夕方取手について徳澤さんと待ち合わせて、知り合いの漢方薬局だというところに家を置かせてもらい、そこで少しお話しする。そこのおばちゃんがとても面白がってくれて
「阪神で学んだけど、家は賃貸で住むべきだと思ったね。家のローンが払い終わらないうちに家が壊れちゃって、さらに新しく他てた家のローンも抱えて苦しんでる人を見るとね」
と言ってた。僕もこのダブルローンのことは三宅島でも何度も聞いたな。
あとそのおばちゃんは仕事によって生活が閉じてしまうという話を聞いた時に
「昔大手の病院で、薬剤師として働き始めて。毎日コンベアで流れてくる薬を調剤し続けるだけの仕事だったんだけど。しばらくして、」
おばちゃんは頭を指して
「ここは辞めちゃいけないって言うんだけど。私は両親に、大きな会社で働きなさいって教えられてたから。潰れないからって。だから辞めちゃいけないってここが言うんだけど、」
こんどはおばちゃんは胸のあたりを指して
「ここが、辞めたいっていうのよ。頭と心が離れていくのよ」
と話してくれた。
「しばらく頑張ってたんだけどある日、自分の一生がそうやって終わって行くイメージが見えて、それで辞めますって言ったのよ。」

そのあと、パペーテという洋風居酒屋に徳澤さんが連れて行ってくれた。

20140513-190737.jpg
ここで徳澤さんが何人か取手の人を集めて夕食会を開いてくれた。
話していると「日本一周」という単語が頻発した。そして、人力車で日本一周した男の人の話などを聞く。話していて、「日本一周クラスタ•旅クラスタ」的な人ともつながりやすいんだなと思った。僕は全くそんなこと考えてなかったけど、みんな僕のことを「日本を一周する人」という感じで話す。東京をうろうろしている時に「いつ出発するの?」という質問をよく受けたことを思い出した。僕はすでに出発している気持ちだったんだけど、どこかの具体的な目的地に向かって動き出してないと、いまいち出発してる感じがしないんだな。

パペーテの店の人が、朝日新聞の記者さんを呼んでくれて、取材を受けた。

20140513-191615.jpg

その後家はパペーテのそばにあるギャラリースペースに置かせてもらい、僕は取手市小文間にある「なるほ堂」というところに泊まらせてもらう。

このなるほ堂というのがまた面白い場所で。
http://笑楽.jp
笑楽さんという人がやってる場所なのだけど、ここではうまく説明できない。チラシももらったけど、笑楽さんと会ったことのない人が見ても理解出来ないと思う。空き家だったところを安く借りて犬とか蛇とか亀とかを飼いながら、畑でひまわりなどを育てたり、タロットカードのオリジナルバージョンを作ったり木刀を作ったり会社に行って人材育成(?)についての講演をしたりする人。全てがオリジナルすぎてどの文脈にもあてはまらないから説明ができない。

夜が永遠に続くわけではなく、いつまでも夢の中に居続けるわけにもいかない。夜はいつもあけてしまう。朝がきてしまう。人は変わるし、それが生きることだ。いつまでも同じ人と同じようには笑えない。そんなふうにできているのだ。強くなる必要がある。強さとは、痛みを感じない鈍さのことではなく、痛みをちゃんと感じること。そしてそれにおしつぶされずに跳ね返す精神のバネは、負荷が大きいほど反力も大きくなる。痛みは感じる必要があるものなのだ。それまでの生活を客体化しようとした時点で、それ以前の人間関係がそれまで通りには続くわけがない。文字通り、それが客体化ということなのだから。それは避けられなかった。これは自分で望んだことなのだ。これから何があったとしても、それは僕が望んだのだと、そういうことにしよう。ニーチェが命をかけて教えてくれたことだ。

20140509-100211.jpg
近くの逆川という川で釣りをしているおじさんを、4人のおじさんが眺めながら話をしている。良い。

毎度思うけど家を置いてある場所で近所を散歩すると、その土地で暮らしている人たちの営みが、細かいものまで輝いて見えてくる。家の前を掃除しているおばちゃんとそこを自転車で通過するおばちゃんが、天候を話題にしながら挨拶を交わすところや、家の中から聞こえてくる子供の声や、野菜や豆腐なんかがたくさん入った袋をぶら下げてあるいている買い物帰りの人や、そういう全ての動作にそこで生活を営んできた時間が反射されているようで、まぶしい。

今日は昼頃に柳さんの家を出て、流山の方へ向かう。田谷さんが流山近辺で家の置き場を探してくれていて、いろいろと呼びかけてくれていた。すごい。感激。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=705866782788595&id=100000958397229

道中、カーブミラーにうつった姿を自撮りしてみる。面白い。

IMG_1277 IMG_1278 IMG_1279

いま僕の「顔」はこの「家の外観」にあたるので、 外の窓ガラスやカーブミラーを通さないと自撮りができない。街に反射させないと自分が撮れない。家で移動していると、大きな窓ガラスの前を通っても、自分の姿がうつらない。家がうつるだけ。自分の体が消えてしまう感じ。体を「家の外観」という公共の中に消失させる感じ。

三郷のあたりはヤンキーやらが多いから気をつけてと聞かされていたので、絡まれたときの対処法をいろいろ考えながら、あぶないやつとすれ違わないように、キョロキョロしながら移動していたのだけど、幸い全く絡まれなかった。というか途中の道がほとんど畑や田んぼで、車とはよくすれ違ったけれど人とはほとんど会わなかった。

4時頃に江戸川を渡って流山市に入る。今日も16キロ移動した。からだがけっこう疲れているのを感じて、もうこの辺で探そうと思って歩いていたら赤城山 光明院という大きなお寺を見つける。

そこでチャイムを押して

「通りすがりのものなのですが和尚さんいらっしゃいますか?」

と切り出して、交渉してみる。そしたらとても面白がってくれて、快諾してくれた。

 

IMG_1283

 

家を置かせてもらいご飯を食べに外出して帰ってきたら、ビールとミネラルウォーターの差し入れがあってびっくりした。和尚さんは僕のこのブログも見てくれたみたいで、そんな人と一回のチャイムで繋がれた。嬉しい。

20140508-110507.jpg

昼ごろに浦和の齋藤先生の家を出発。
昨日、高貫が連絡をとってくれて「うちとまっていいよ」と言ってくれた、越谷の柳さんの家に向かう。高貫と柳さんは、KAPLという越谷のスペースで知り合った仲らしい。電話で話していた時点で僕の話を聞きながらめちゃ笑ってくれていた。
浦和から16キロくらい北東に進むんで、越谷に着く。途中ガラの悪めな中学生くらいの男三人組とぶつかりそうになる(相手が三人横並びで、全くよけようとしない)が、かわす。

6時過ぎごろに柳さんの家に到着。近くのスーパー銭湯に連れて行ってくれた。
ゴールデンウィークの最終日ということもあって、小さい子供をつれた家族連れ(3世帯や2世帯のグループ)がたくさんいた。明日息子家族が帰ってしまうから、最後に大きな銭湯でも連れて行ってやろう、という人がたくさんいるんだろう。そしてお父さんの方は明日から仕事なのだ。誰もがイメージしやすいゴールデンウィークの過ごし方。小さいころ、神奈川に住む従兄弟の家に家族で遊びに行ったことを思い出した。
柳さんは昔から旅人でバックパッカーで、日本は全都道府県行ったし、アジアのいろんな国もまわっているらしい。イスタンブールに行った時に、アジアとヨーロッパの境界線がそこにあることを感じて感激したという。海峡の向こうとこちらで、生活水準が違ったという。

なんで家に車輪をつけないのかとよく言われる。確かに下に車輪とかつけたら運ぶのはずっと楽になるのだろうけど、どうも気がすすまない。なんでか考えてみると、それは「家と呼ばれるものを動かして見せる」こと。正直いって邪魔だけど、引きずってでも動かしながら生活して見せること。この「見せる」ことのために、文字通り人力で持ち上げながら移動する必要があった。車輪等をつけてはいけなかったのだ。
今から思えば屋根が瓦なのも必然だった。瓦は重くて、家を地面におしつけてるオモリのようなものだから。それが乗った家を人力で持ち上げて移動する。そうする必要があった。
それと今日、車にぬかれるのが、なんだかいちいち腹立たしかった。あんなに重くてかたいものが、あんなスピードで動いているのだ。速すぎて危なすぎる。

20140506-201112.jpg
今日家を出る前、田谷さんが僕の今後数日間の家の置き場についていろいろ一緒に考えてくれて、計画を立ててくれた。嬉しくて面白い。

20140507-015332.jpg

とりあえず今日は、浦和にある喫茶店とギャラリーを兼ねたスペースに行ってみよう、そこなら多分大丈夫だろうということになり、高貫と一緒に歩いて向かった。田谷さんは後から自転車で合流。
12キロくらい移動した。

20140507-015458.jpg
さいたま市に入る

夕方、お店が閉まってから店に家を置かせてもらう交渉をしたところ、なんとNG。ここはもっと早く聞くべきだった。本当は昼間までにこういうところをあたつて、もしダメだったら神社や寺にあたるのが良いのだけどもう夜で、どこの神社も寺も閉まっている。たぶん置かせてもらえるだろうという考えが甘かった。
すこしあせったけれど、田谷さんが僕以上に焦って「落ち着こう落ち着こう」とか言っていて、なんか楽しくなってくる。田谷さんもなんか楽しそうに見えたけど気のせいか。

20140507-015658.jpg
いろいろと電話かけたりメールしたりしてくれた。
ツイッターで呼びかけてみたら、大学時代にすごくお世話になった建築家の先生自宅が浦和にあるという情報を知り、連絡をとってみたら快諾してくれた。
田谷さんが、僕以上に実感のこもった「よかった!」を言ってたのが面白い。

20140507-020233.jpg
ただしいろいろ事情があり僕はその浦和には泊まらずに、再び新座の田谷さんの家に帰ることになる。

朝7時半ごろに神社を出る。6キロくらい北上して、新座付近に着いたのが9時過ぎくらい。

このあたりは野火止用水というのが走っていて、用水沿いにきれいな緑道がある。ゴールデンウィークっていうのもあって、人はあんまり歩いていなかった。ときどき犬の散歩をしている人や、散歩している人やランニングしている人が通る。そんな用水沿いにいったん家を置いて、近くの家の絵を描いていたら、女性が突然、えらく目を輝かせて「あの家は何ですか?」と話しかけてきた。事情を説明したら「私も現代美術が好きで、自分でも絵を描いたりしてるんです」という。はなしているうちになんか盛り上がってきて、もしよかったら今晩家を置かせてもらえないか、と聞いてみたら、なんとオッケーしてくれた。旦那さんと二人で、このすぐ近くに住んでいるらしい。

夕方もう一度落ち合う約束をして一旦別れる。

IMG_1239

 

 

IMG_1240

家を近くの公園に移動して、絵の続きを描く。家を置いといたら、大人も子供も近づいてきて、ドアを開けたりして遊ぶ。僕がそばにいてもあんまり関係なく遊ぶ。公園の遊具かなにかだと思うのか。

子供のグループが集まってきたので

「遊んでもいいけど壊さないでね」と声をかけると

「え!お兄さんがこれつくったんですか?」

「そう。これで移動生活をして絵を描いてまわってるんです」

「それは…。とてもユニークですね!」

と、一人やたら食いついてきた子がいた。中 1、小5、小2の3人グループで、兄弟でも、家が隣り同士とかでもないけど、よく一緒に遊ぶらしい。いいな。

中1の子は生意気にも彼女がいて、二人でディズニーランドにも遊びにいったらしい。その子がこの活動にやたら食いついてきて、他の子が「暇だよ。早く○○の家行こうよ!」とせかすのだけど、その中1は「お前にはアートというものがわからないのか」と言って聞かない。その後「俺もわかってないけど…」と付け足した。

10分くらい僕が絵を描くのを眺めて、ようやく「それじゃ。このご縁は忘れませんよ」と言い残して去っていった。

 

そのあと、武蔵美を出て高校の美術教師をやってる高貫から突然電話がかかってくる。いま新座にいると言ったら、遊びにきてくれた。いろいろと近況を聞く。1年以上会ってない。彼女は学校を卒業してから教員になるまでが決して一本道じゃなかった。仕事が楽しいと言っていた。良かった。

 

IMG_1245

その夜、田谷さん夫婦と新座駅前の居酒屋で合流。高貫も入れた4人で飲む。

田谷さんの奥さんの方は絵を描いていたり銅版画をやっていたりする作家さん。

http://hakobunedoh.com

旦那さんは編集者でロック好き。

若い頃「あの年のあの場所のライブ音源がヤバいらしい。聞きたい」とビートルズやストーンズの海賊版を買ってきては「ハズレだ」といってがっかりしたりする。音楽を探すにあたって、そんなルーレット的な感覚は僕は味わったことが無い。youtubeと、早い回線があれば音楽をデータにして持ち歩く必要すら無いと思っていたけれど、そもそもyoutubeにたくさんの音源がちゃんとあがっているのは、そうやって買い漁ったりして音源を手に入れた人たちのおかげなんだろう。

いろいろと話を聞きながら、ご夫婦2人がバトンタッチしながら話す感じが面白くて、一緒に過ごした時間の長さを感じた。奥さんはシュタイナー好きらしく、高貫も好きなので、話が盛り上がったりする。
僕が「家で歩いてる時はすごく暇。そして不思議なことに、自分が動いている感じがしない。世界が後ろに流れて行くような感じがする。」
という話をしたときに田谷さんが、それはタオイズム的だという話をしてくれた。地球の運動に合わせて、早すぎず遅すぎず動いている感じ。世界がこっちに向かってきて、こちらも世界に向かって動いている感覚。その解釈はシュタイナー好きな田谷さんだからできるような気がして面白い。僕はシュタイナーをちゃんと通ってないのでもっと本とか読んでみようと思った。

IMG_1248

家をマンションの通路の隅っこに置く。ぴったりとはまってくれた。

 

IMG_1249

写真を撮る二人

 

IMG_1251

 

ふとん。ロスコやコーネルの画集やシュタイナーの本や「半農半X」や大竹伸郎さんのエッセイ集やら、いろんな本があって、なんかどんどん持ってきてくれるので、それらを眺めながら寝る。

IMG_1230

北上開始初日。

11時ごろに起きて、甲谷くんのところを出発。ここから北上を始める。当面は、茨城県常陸太田市で友達がやっているレジデンスを目指してみることにする。iPhoneで常陸太田までのルートを調べると160キロくらい。一日15キロくらい進むとして、10日間くらいで着くはず。これからの移動は、東京と違って家を置かせてもらうアテが無いまま進むので、早めに出発してなるべく早い時間に家の置き場を探し始めないといけないのに、絵を書き終わったのが14時くらいで、出発が遅れてしまった。

17時くらいに清瀬市内で神社を見つけた。まだ10キロくらいしか移動してないけれど、もう日も暮れそうなので、そこの駐車場に一晩置かせてもらえないかお願いしてみた。宮司さんに事情を説明する。こういうとき「画家」というとすこし話が通じやすい。宮司さんは、すこし厳しさも見せつつどこか慣れたような口調で

「わかりました。いいでしょう。ただ何もありませんよ。水もトイレも使えません」と言ってくれた。良かった(前にも書いたけれど、この時が一番嬉しい)。

そのあと

「朝は何時ごろ出発するんですか?」

「特に決めてないですが8時〜9時くらいですかね。そちらの都合に合わせます。」

「そうですか。こちらとしては、なるべく早く出ていただける助かりますね。」

「そしたら、早めに出て行きます。」

「一応、何かあったときのために連絡先を教えていただけますか。」

(名前と電話番号を書いた紙を渡す)

「なるほど。こういうとき、何かあったら全て責任は僕が負いますっていうようなことを書いた誓約書とか、用意しておいたほうがいいよ。信用されないよ」

「ああ、なるほど。すいません。」

というような会話をする。

近くのコンビニでおにぎりを買ってきて食べ、その後銭湯にいく。家を置いて、外出するのがとても気持ちよい。このあたりは、いままで一度も来たことが無い。緑がとてもおおいところで、風が強い日だった。昨日までの日記を書いて寝る。風が強くて何度か起こされる。

田原さんが授業のために武蔵美に行くので、僕も家を持って武蔵美まで遊びに行く。

大学時代の恩師の土屋公雄先生と会う。成り行きで、土屋先生が担当している学部2年生向けの「基礎造形」という授業で軽く話をする。

2,30人という少し多い人数を相手に話をするのは、何年か前に武蔵美で授業をした時以来。あの時はえらい緊張して、うまく話せなかった記憶があるけど、今回はすらすらと言葉がでてきた。僕は途中まで、学生たちの反応を見ながら話をしていたけど、みんながあまりにポカンとした顔をしているので、最後はもう勝手に喋っていた。
終わりぎわに土屋先生との対談のような形になる。先生は僕が「旅」という単語を使ったことをとりあげて(そもそも旅っていう単語をどこで使ったかを覚えてなかったのだけど)、こういう問いを立ててくれた。
「旅は、帰るところがあるから旅という。ジプシーは旅という言葉をつかわない。君の活動を旅というなら、帰るところはどんなところなのか」
そのときなんと答えたかはよく覚えてないけど、僕はこの制作活動に対して、飛行機のフライトのようなイメージを持っていて今は離陸したばかりのような状態にある。離陸した飛行機は着陸しなくちゃいけないから、いつかこの活動にも終わりを設ける。フライト中は上空にいるからこそ見える景色というのはあるはずで、それがいま僕が描いている家の絵にあたる。フライト中になるべく多くの絵を描きためて、着陸後に展覧会を開いて、フライト中に描いた絵をそこで観せる。あの生活圏から飛翔して、あの生活圏に舞い戻ってくる、それを旅というならそうなのかもしれない。

また土屋さんは僕の「この発泡スチロールの家は、邪魔でしょうがない」という発言を「とてもリアリティがある」と言い、えらく気に入っていた。それから自分の家族構成(娘が2人いる)の話をしてくれた。
子供が小さい頃のための間取りの家は、子供が大きくなったら不要な部屋ができたりする。生きているうちに家に対する見え方が変わっていった。でも家は車なんかと違って、簡単に取り替えたりできないものだ。それは家が不動産だから。
また、家は建てたばかりの時はいいけれど、いつか古くなり、そのうち壊すのにお金がかかる、邪魔なものになっていく。いま日本には670万戸もの空き家があり、それが問題になっている。建築学生の君たちに対してこんな話をするのは嫌だが、これから新しいものを建てる必要なんてあるのか?
というような話をしてくれた。僕の「家が邪魔な感覚」というのを空き家問題にダイレクトでリンクさせる飛躍はすごいな。

20140503-224547.jpg

その後田原さんの家に戻る予定だったけれど、土屋さんの提案で土屋ゼミの大学院生の甲谷くんの家に、家を置かせてもらうことに。
そしたらその彼が翌日誕生日で、友達がサプライズの誕生日パーティーを開くのを目撃した。

20140503-232039.jpg

学生が男子のみで誰かの家に何人か集まった時の、うだうだとした感じを久々に目の当たりにして、なんか新鮮だった。大学一年生のとき「ぬるま湯」と称して、男何人かで一人暮らししてる奴の家に、用もなく入り浸って酒を飲んでいたときの、非生産的な日々の単なる消費みたいな、そんな時間を過ごしていたことを思い出した。あの時に戻りたいとは思わないけど、あの何も考えてない時間への憧れはいつもあるな。

20140503-233019.jpg